コーヒーの中性脂肪を下げる効果をアップする飲み方とは?

コーヒーの中性脂肪を下げる効果をアップする飲み方とは?

 

毎日の水分摂取にコーヒーをチョイスすることで中性脂肪が下げられるならいいと思いませんか?コーヒーが中性脂肪値やダイエットに良い効果があるといわれています。

 

中性脂肪にコーヒーが効く?

 

中性脂肪を減らすためには運動や食事制限を行ない糖質や動物性脂肪などを減らす必要がありますが、それ以外にもコーヒーを飲むことでも中性脂肪を減らすことが可能になります。

 

これはコーヒーに含まれているカフェインやクロロゲン酸という成分が脂肪を分解してくれる効果があるためで、コーヒーを飲むことで体内の中性脂肪を分解し、体に脂肪が付きにくくなることになります。

 

クロロゲン酸には体内での糖分合成作用を妨げる働きもしてくれるため、中性脂肪を減らすだけでなく糖尿病の予防にも一定の効果が期待できます。

 

中性脂肪を下げたい人におすすめのEPA・DHAサプリ

 

低カロリーで飲むために

 

 

中性脂肪、コレステロール値に悪影響になってしまうためできるだけ、カロリーオーバーにならないよう砂糖、ミルクは入れずに飲むといいでしょう。砂糖は炭水化物で精製されたものは特に吸収が早く、血糖値を急上昇させて中性脂肪値にもよくありません。

 

ブラックコーヒーで飲むと胃腸が弱いなどの体質によっては胃が荒れてしまったりして、胃痛の原因になることもあるので無理は禁物です。胃を守るためには少量のミルクを加えるのが良いですが、脂肪分が少ないものを選んでください。

 

生クリームやコーヒーフレッシュなどの脂肪分が多いものより、低脂肪乳を加えるほうが中性脂肪ケアにはおすすめです。動物性の生クリームよりも植物性のコーヒーフレッシュのほうがいいという意見もありますが、添加物も多く含まれているので、健康的に痩せたい、太らないことを心がけるなら使わないほうがいいでしょう。

 

インスタントコーヒーでもOK?

 

 

インスタントコーヒーが手軽ですし、ドリップコーヒーが体に合わないからインスタント派!という人も多いです。中性脂肪のためにコ^ひーを飲むのなら効果が高いほうがいいですがインスタントでも同じような効果があるのでしょうか?

 

インスタントコーヒーよりもドリップの方が中性脂肪にいい影響があるクロロゲン酸、カフェインが多く含まれていますが、インスタントにもちゃんと含まれています。

 

クロロゲン酸に関しては、ドリップの方が多い場合が多いようですが、焙煎の時間が長いとクロロゲン酸は減ってしまうので、イタリアンローストなどの場合はインスタントよりも少ないそうです。

 

ドリップコーヒーで15〜300mg、インスタントコーヒーなら505〜220mg程度のクロロゲン酸が含まれています。缶コーヒーもドリップに入りますが、微糖タイプでも大量の佐藤が入っていますから、無糖を絶対に選んでくださいね。

 

コーヒーを飲む場合の注意点

 

中性脂肪を減らすためにコーヒーを飲むことは非常に有効な行為ですが、注意しなければいけないこともあります。

 

まず、コーヒーのカフェインの作用に関しては、毎日コーヒーを飲んでいる場合体に耐性が出来てしまうため、効果がどんどん薄れてしまうことになります。そのため毎日ではなく数日おきにコーヒーを飲むほうがよりカフェインの効果を得ることが出来ます。

 

コーヒーの過剰摂取はカフェイン中毒などを引き起こす場合もあるため、1日のカフェイン摂取量は400mgまでにすることも必要になります。これらに注意しながらコーヒーを摂取すれば中性脂肪を減らす手助けになるでしょう。

TOPへ