中性脂肪対策にゴマに含まれるあの成分が大活躍

中性脂肪対策にゴマに含まれるあの成分が大活躍

 

健康診断などで中性脂肪が高いという指摘があった場合、それは将来的に動脈硬化や心筋梗塞といった病気になる可能性が高いということで早めに正常範囲に収めたいところです。

 

中性脂肪が高いと言う状態は危険を伴う状態ですので、日頃から中性脂肪を増やさない、減らす努力をしなくてはいけません。

 

特に動物性脂肪の多い食生活は中性脂肪を大幅に増やす原因となりますので、脂肪の摂取を減らしつつ、中性脂肪を下げることが期待される食材を積極的に取り入れることがポイントとなります。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

小さなゴマに隠された中性脂肪にいい成分

 

中性脂肪を減らそうと考えた場合、まずは食生活の改善が必須となります。その際に取り入れて欲しいのがゴマです。

 

ゴマはあの小さな形状の中に中性脂肪に効果のある成分がいろいろ含んでいます。その成分はビタミンE、ゴマリグナン類、リノール酸などの不飽和脂肪酸などです。

 

ゴマを毎日の食生活に上手に取り入れれば中性脂肪を減らす手助けになりますし、ゴマなら、他の食材を邪魔しないので摂取しやすく無理なく毎日の食生活に取り入れることが可能です。

 

抗酸化作用が強いゴマ

 

 

ゴマに含まれているビタミンEには非常に強い抗酸化作用があります。抗酸化作用とは体の中の活性酸素を無害化する効果で、活性酸素が減ることによりアンチエイジング効果が期待でき中性脂肪で引き起こされる動脈硬化なども未然に防ぐことが可能になります。

 

ゴマ特有の成分であるゴマリグナン類は中性脂肪を減らす効果が高く、コレステロールの吸収を抑制してくれますし、血液の中にある悪玉コレステロールも減少させ血液をサラサラにしてくれる効果もあります。

 

リノール酸などの不飽和脂肪酸も悪玉コレステロールや中性脂肪が増えるのを防ぐ効果があります。また、血糖値の急上昇を防ぐ食物繊維も含まれていて、腸内の善玉菌の活動を活性化させ、腸内環境の正常化もでき体の免疫や血流を正常化させることも可能になります。

 

セサミンも中性脂肪を減らす効果がある成分で、脂肪を分解してくれるため体内の中性脂肪を減らすことが出来ます。

 

ゴマの効果的な摂取方法

 

 

ゴマを忘れずに毎日摂取する方法としては、食事の中で無理なく取り入れるのが最も効率よい摂取方法でしょう。ご飯やおかずにゴマを振りかけて食べるだけでもいいですし、すりゴマをドレッシングなどに使用したりするのも簡単です。

 

1回の食事で大量にゴマを摂取したいところですが、あまりに多く食べ過ぎると下痢など胃腸の不調を引き起こすことがあります。もちろん、通常範囲で食べる量ではそんなことはありませんが、一応心にとめておいてくださいね。

 

ゴマの健康パワーを得るために1回に食べる量を増やさなくても、「ほとんど毎日摂る」ということが大切です。「絶対に毎日食べる」と必死になるとそれもストレスになりますから、食卓にゴマを置いておいて少量でも頻繁に食べれるようにしておきましょう。

⇒ 中性脂肪を下げるサプリ・食べ物





TOPへ