デトックスだけじゃなかった中性脂肪を下げるレモンの効果

デトックスだけじゃなかった中性脂肪を下げるレモンの効果

 

疲労回復やデトックス、美肌効果、そしてダイエット効果とレモンは何かとお役立ちなフルーツです。その中でも、レモンダイエットは注目を浴びました。

 

このダイエット方法はレモンに含まれるクエン酸が基礎代謝をアップし、痩せやすい体を作ると言われていることが根拠となっています。他にもレモンには、ダイエットにも関わる優れたデトックス効果もあります。

 

これだけでも中性脂肪対策として効果がありそうなレモンですが、最近レモンには中性脂肪を減らし、脂肪肝を抑制する効果があることが研究で分かってきました。今回は、レモンと中性脂肪について考えていきましょう。

 

中性脂肪を下げたい人におすすめのEPA・DHAサプリ

 

中性脂肪に関わりのあるレモンの成分、「エリオシトリン」の効果

 

レモンに含まれるエリオシトリンという成分には、肝臓での脂肪の蓄積を抑制する効果があることが明らかになりました。中性脂肪は体のエネルギー源ですが、増えすぎると体内で蓄積され、重大な病気にも繋がってしまいます。

 

エリオシトリンという成分は、人間とDNAの配列が近いという熱帯魚、ゼラフィッシュに投与した実験で、高脂肪食を与えた場合に中性脂肪が約3分の1少なくなったことが確認されたそうです。人間の肝細胞を培養した実験でも、同様の効果が見られました。

 

中性脂肪を減らすポリフェノール、エリオシトリンとは

 

 

エリオシトリンは、レモンに含まれるポリフェノールの一種です。このエリオシトリン、レモンやライムには含まれますが、オレンジ、グレープフルーツなどの他の柑橘類には含まれていません。

 

なぜ、このエリオシトリンが中性脂肪に関わりがあることに着目されたのでしょうか?それは地中海沿岸に住む人達が中性脂肪が低い傾向にあったため、地中海沿岸でよく摂取されているレモンに焦点を当てたためです。

 

現在ではサプリメントでも、エリオシトリンを摂取することもできます。エリオシトリンはレモンの果肉にも含まれていますが、皮の部分に多く含まれている成分のため、活用しづらい方にはサプリメントも良いでしょう。

 

また料理に皮ごと使う場合は、無農薬のレモンを使うかしっかりと洗うようにしたいですね。具材として料理に入れたり、調味料にしたり、はちみつ漬けにしたり工夫してレモンを摂取していきましょう。

 

レモンには中性脂肪を減らすための様々な効能が

 

レモンは栄養価の高いフルーツで、ダイエットや中性脂肪を減らすためにも様々な効果があります。まず、レモンに含まれるクエン酸には代謝を促進する効果が期待できます。

 

クエン酸には疲労回復効果もあり、中性脂肪を減らすために運動を続ける中で疲れを取りながら行うことができるでしょう。また、レモンの香り成分、リモネンにはリラックス効果があり、食べ過ぎを抑えてくれる効果もあると言います。

 

中性脂肪を減らすためには運動と食事制限が必要ですので、レモンが助けとなってくれるでしょう。そして、中性脂肪を減らすためには食物繊維の摂取も大切ですが、レモンには水溶性食物繊維のペクチンが含まれていますし、ペクチンは中性脂肪の吸収を抑える効果も期待できます。

 

デットクス効果でむくみが改善されたり、腸内環境が整い、血液の流れが良くなることから肌荒れにも効果があるのも嬉しいですね。中性脂肪を減らしながら、美しく痩せることもできるレモンを自分なりの方法で活用していきたいですね。

TOPへ