にぼしのDHAとEPAで中性脂肪を下げられるか?

にぼしのDHAとEPAで中性脂肪を下げられるか?

 

味噌汁のだしでおなじみの「にぼし」は、昔ながらのだしを取る和食に欠かせない食材です。にぼしは「いりこ」とも呼ばれていて、地方によって呼び方が変わるようですが、どちらもなじみが深い名前かと思います。

 

にぼしと言えば、カルシウムが豊富なことがよく知られていますね。でも、にぼしにはその他にも様々な効能があり、中性脂肪にも効果を発揮してくれる食材なんです。今回はにぼしと中性脂肪について、その他の効能も併せてご紹介したいと思います。

 

中性脂肪を下げたい人におすすめのEPA・DHAサプリ

 

中性脂肪値を下げる、にぼしのDHAとEPA

 

にぼしとは小魚を煮て干したもので、様々な種類の魚が使われますが、ほとんどはカタクチイワシという魚が原料となっています。カタクチイワシはイワシの一種で主に加工品として出回っています。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、イワシのような青魚は中性脂肪を減らすことのできる食材として特に挙げられる食材です。その理由は、DHAとEPAという成分が青魚にたっぷりと含まれているからです。

 

DHAは正式にはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸と言い、不飽和脂肪酸という脂質の一種です。不飽和脂肪酸はバターなどの飽和脂肪酸と比べ、体内で固まりにくく、中性脂肪を調節する働きがあります。

 

イワシなどの魚の油に含まれるDHAとEPAは、2つともよく似た働きをします。血栓をできにくくする血液サラサラ効果、脂肪燃焼効果、そして、コレステロール値や中性脂肪を改善する効果が期待できるのです。

 

にぼしの製造工程でDHAとEPAは失われてしまうの?

 

乾燥中の煮干し

 

DHAとEPAなどの不飽和脂肪酸の特徴として、酸化しやすく加熱処理に弱いという特徴があります。にぼしは煮干しと書くように、カタクチイワシを煮て乾燥させて加工されたもの。

 

この製造工程で酸化が進み、DHAとEPAも失われていってしまいます。しかし、もともとカタクチイワシにはたっぷりのDHAとEPAが含まれていて、失われるのも2割程度と言われているので十分な量を摂ることができるでしょう。

 

ただ、もっと効率的にDHAとEPAを摂取したいのであれば、他の食材やサプリメントなどから摂取するのも良いでしょう。にぼしから摂るメリットとしては、毎日の食事でお味噌汁などから少しずつ摂取できること、そして、にぼしには他にもたくさん栄養が詰まっていることです。

 

中性脂肪を下げる以外の、にぼしの様々な効能

 

にぼしの栄養成分でまず挙げられるのがカルシウムの多さですね。にぼしにはカルシウムが豊富なばかりでなく、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも豊富に含まれているため、骨粗しょう症の予防などにぴったりなんです。

 

他にも、にぼしには貧血予防になる鉄分や肝臓の機能を高めるタウリン、血圧を下げる効果のあるイワシペプチドなどが含まれています。にぼしは脂肪燃焼効果もあり、ダイエット中のおやつにも向いています。

 

ただ、イワシはプリン体の含有量が多いため、高尿酸血症や痛風に心配がある場合は摂取を控えなければなりません。食べ過ぎには注意しましょう。

 

にぼしからだしを取って、毎日の食事で活用するのもいいですが、時間がない時や面倒な場合は粉末の物も販売されているので便利です。

 

また、おつまみ用に小さめの煮干しとアーモンド、ピーナッツなどが一緒になっている商品もあります。こういった商品は塩分強いことが多いのでできるだけ味の薄いものを選ぶようにしましょう。

TOPへ