中性脂肪を下げたいなら豆腐レシピ

豆腐は特に中性脂肪を下げることを意識していない方でも、摂取する機会は結構多いものですよね。コンビニなどでも簡単に手に入りますし、中性脂肪を下げることについては、パフォーマンスは非常に優れています。

 

この豆腐を上手く活用して低カロリー、低コレステロールの健康的な料理作りのために役立てていきましょう。どういった豆腐を使ったレシピを作ってみたら良いのかについて考えてみましょう。

 

中性脂肪を下げたい人におすすめのEPA・DHAサプリ

 

まず、豆腐を使った味噌汁です。豆腐の味噌汁は、色々な食材と合わせることもできるので、上手くいけば一石二鳥を狙うこともできるのです。

 

例えばですが、わかめなどの海藻類や、えのきやしめじなどのキノコ類などは、豆腐の味噌汁を作る際には是非とも活用したいところです。豆腐以外のこれらの食材についても、食物繊維が非常に豊富ですから、中性脂肪を下げることについては欠かせません。

 

他には、冷奴も作る場合も、豆腐を上手く活用できる場面です。冷奴の場合、特に面倒な調理をする必要はなく、購入した豆腐を包丁で切って、そのままお皿に乗せれば良いだけですよね。

 

そして、豆腐に醤油をかけて、薬味としてネギなどを切って乗せれば良いだけなので、調理するのがどうしても億劫になってしまう方でも、これなら十分に美味しい豆腐料理をいただくことができます。薬味を変えることでいろんな味を楽しむこともできます。

 

もし冷奴では物足りないのであれば、揚げ出し豆腐を作ってみることに挑戦してみる方法もあります。この場合、油分を摂取してはしまいますが、過剰な油の摂取にならなければ、中性脂肪を下げる点では特に差し支えはありません。

 

しかし、おすすめなのはオリーブオイルで焼く揚げ出し豆腐です。揚げてないですけどね。フライパンに1cm位のオリーブオイルを熱して、そのうえで焼いていきます。豆腐は崩れないように水切りをしっかりしておくのがキレイに調理できるポイントです。

 

豆腐を使ったレシピはたくさんありますが、あまり調理をしなくてもおいしく食べられる方法が多くあるので毎日のおかずとして作りやすくおすすめの食材です。中性脂肪を下げたいならこういった手軽に食べられる食材を使うと効果的ですね。

 

冷凍豆腐も活躍

 

一度凍らせた豆腐を解凍して料理に使うことでまるで肉のような食感になると多くのレシピが出回っています。テレビで紹介されたこともありますね。

 

普通の豆腐とは食感が違うのでいつものプルプル豆腐が嫌いでも冷凍豆腐は食べれるということもありますよ。簡単なレシピも多いです。

 

冷凍豆腐ピザ風の作り方

 

冷凍豆腐をレンジで5分解凍して、形を崩さないように両手で押すようにして水けを絞ります。1〜1.5cmくらいの暑さに切って、フライパンに並べ少量の油で両面を焼いたら、ケチャップを塗り、その上にピザ用のチーズをのせて、ふたをしてチーズが解けるまで温めます。

 

お好みで胡椒をたくさん振りかけたり、スライスした玉ねぎやピーマンを加えるとさらにおいしく栄養バランスもよくなりますよ。おいしく作るコツは豆腐の水気をしっかりと絞ることです。さらに水分が少ないほうがピザっぽくなります。

TOPへ