ツナ缶でも中性脂肪を下げる効果があるのか?

ツナ缶でも中性脂肪を下げる効果があるのか?

 

中性脂肪を低下させるために有効な食べ物はいくつかありますが、その中で手軽に食事に取り入れることに「ツナ」があります。味のしっかりしたツナはサラダにはもちろんのこと、メイン料理にだって大変身できます。

 

中性脂肪が増加してしまう原因に牛肉、豚肉などカロリーの高いお肉の食べ過ぎが挙げられます。低カロリーな、お魚メインの食事に変更をするのも手間と費用がかかり、なかなか難しいものですよね。

 

そこで活用したい「ツナ」についてレシピを交えながらご紹介していきます。

 

毎日ツナを食べるのが無理なら⇒ 中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

知らなかった!ツナのダイエット効果

 

 

日々なんとなく料理のサブとして活躍しているシーチキンなどの「ツナ」ですが実は中性脂肪を下げてくれる効果があるのをご存じでしたか?一見、ツナ缶は油っぽくてそんな効果があるとは想像がつきませんよね。

 

もちろん、中性脂肪を下げようという目的があって食べるのであれば、カロリー、油分の少ないものや、ノンオイルのツナ缶を使うほうがいいです。

 

ツナが中性脂肪を下げるのに役立つ理由はDHA、EPAを多く含んでいるからです。ツナの原料であるマグロにはDHA、EPAが含まれていますが、お刺身などで食べるといっても毎日は大変です。

 

ツナはレシピが豊富なうえ、マグロと同じく青魚に豊富に含まれているDHAやEPAが含まれています。血液中のコレステロール値、中性脂肪値を下げてくれる働きがあるほか、血液をサラサラにしてくれ動脈硬化脳卒中などの病気も予防してくれます。

 

また、中性脂肪を低下してくれる他に発ガン作用も抑えてくれる効能があると注目されている優秀な食品なのです。

 

ただ、食品のため同じ量でも含まれるDHA、EPAは一定ではありません。DHA、EPAの効果で中性脂肪を下げたいなら、きっちり一定量を摂取できるDHA、EPAサプリがおすすめです。

 

お手軽!ツナレシピ

 

 

ほとんど脇役のツナですが、これからはメイン料理としても活躍させてみませんか?超簡単レシピは「ツナの卵炒め」です。材料は、ツナ缶1缶、卵1個、めんつゆ大2〜3、ごま油小1です。

 

ボウルにごま油以外の材料を入れて混ぜ混ぜ。熱したフライパンにごま油を入れ、ボウルに入れた材料を一気に流し込みます。素早くかき混ぜパラパラになったら出来上がりです。

 

白ご飯がすすむ美味しさです。男性でも簡単にできちゃうお手軽レシピです。他には炊き込みご飯にしてしまうのもアリです。洗ったお米2合にツナ缶1缶、薄口しょうゆ大1、濃口しょうゆ大1、酒大2、水を適量入れて炊飯器のスイッチONするだけ。

 

ツナ缶だけだと寂しいなと思う方は人参や椎茸、ヒジキなど食物繊維豊富な食材を入れてくださいね!サラダで食べるツナとは一味違った美味しさが味わえます。

 

アマニ油マヨネーズ

 

そしてもう一つのおすすめレシピは「おからとツナのマヨネーズ和え」です。おから(乾燥おからの場合は水で生おからくらいに戻しておいてください。)にツナを同量加えて、お好みの味になるようにマヨネーズと胡椒で味付けするだけです。

 

あっという間に作れるのであと1品欲しいなという時にもすぐに食卓に並べることができます。このレシピのいいところはおからをたくさん使うこと。大豆製品のおからには中性脂肪を下げる食物繊維が豊富なんです。

 

マヨネーズの脂肪分やカロリーが気になる場合はカロリーハーフや、アマニ油で作られたマヨネーズを使うと安心感が増しますね。便秘解消にも抜群に効きますから、ダイエット食としてもおすすめです。是非試してみてくださいね!

 

野菜をたくさん食べたいなら

 

白菜

 

野菜は中性脂肪対策にも役立つのでたくさん食べたいところです。ツナは白菜と炊いてもおいしくいただけます。白菜の煮びたしにツナを入れて作るだけです。

 

適当に切った白菜と綱を鍋に入れて煮るだけ!砂糖と醤油で味付けをしますが、めんつゆを使ってもおいしく仕上がりますよ。色合いにニンジンを入れてたり、中性脂肪対策にも役立つ大豆製品の油揚げを加えても味わい深くなります。

 

ツナから出汁が出るので味付けを薄くすることができますし、あっさりと食べれるので食事のカロリーが気になる時、ダイエットで摂取カロリーを抑えたい時にもおすすめです。

 

気になるツナ缶の油。コレ、食べてもいいの?

 

ツナ缶に入っている油も美味しいのですが、やはり油なので高カロリーなのは確か。できたら油はよく切ってから料理に料理に使う方がベターです。「どうしても捨てるのがもったいない」と感じる方は油だけ別にとっておき、野菜炒めなどを作る時に使用するといいでしょう。

 

油にもうまみ成分が入っているのでいつもの野菜炒めが美味しくなること間違い無しです。しかし、酸化しやすいので、早目に使うことをおすすめします。

 

お魚の栄養分を手軽に摂取できるツナは中性脂肪対策に大いに活躍しそうですね。ツナを上手に日常の食事に取り入れ健康増進を目指しましょう。

 

パック入りのツナも便利

 

ツナ缶のデメリット・・・。それは缶のゴミがでてしまうことではないでしょうか?ジュースの缶とかと違って臭いもありますし、できればないほうがいいですよね!

 

探してみるとツナも真空パックに入って販売されているものもあります。多くはタイ産など海外で製造されているので気になる方も多いとは思いますが便利ではあります。

 

 

上の画像の「はごろも シーチキン Lフレーク」は静岡で製造されているようです。

⇒ 中性脂肪を下げるサプリ・食べ物





TOPへ