中性脂肪を下げるにはコレステロールを取らないほうがいい?

中性脂肪を下げるにはコレステロールを取らないほうがいい?

中性脂肪を下げるにはコレステロールを取らないほうがいい?

 

中性脂肪を下げることに関して、コレステロールの摂取をどうするか?というポイントも、外すことはできません。この点をきちんと理解しているのとそうでないのとでは、実際に中性脂肪を下げる対策をする際、現れる効果が全く異なってきます。ここでは、コレステロールの摂取についてはどのようにすれば良いのかについてお話します。

 

1日に摂取するコレステロールとしては、厳密に考える必要はないですが、だからと言ってコレステロールのことについて何もケアしなくて良いということではありません。

 

コレステロールをあまりにも摂りすぎてしまうことは、もちろん中性脂肪を一気に増やしてしまうことになりますから、中性脂肪を下げるための対策とは逆に遠ざかってしまいます。健康のためには気を抜かないことが大切です。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

 

実際にコレステロールが多量に含まれている食品の多くは、脂肪や糖分が多く含まれているものです。そうなると、脂肪や糖分がふんだんに含まれている食品については、できるだけ避けた方が良いという結論に至るのです。

 

このようなあまり食べない方がいい食品としては、インスタントラーメンやスナック菓子、ジャンクフード類に多く見られます。現代人の日常生活について良く見てみると、とにかく秒速単位で動かないといけないこともあるぐらいですから、できるだけ食事も時間をかけたくないと考える人が多くなります。

 

そうなると、なかなか調理に掛ける時間がなく、すぐに食べることのできるようなインスタント、コンビニ弁当などの食品が重宝されるようになるのです。このような食品をどうしても口にしてしまうのは仕方のないことですが、中性脂肪を上げる結果になることことを常に頭の中に入れておきたいものです。

 

中性脂肪を下げるのに役立つといわれている食物繊維をできるだけ取るとか、EPAなど栄養強化されている食品もあるのでそういったものを選ぶことも少しは助けになります。

 

コレステロールが低すぎるのもよくない?

 

 

コレステロール値が高いのはよくないというのはご存知のことと思いますが、逆に低いのも問題があります。増えてしまうとよくない悪玉コレステロールのことをLDLコレステロールといいます。

 

このLDLコレステロールの基準値は60〜119とされていますが60以下でも改善するように努力することが必要になります。LDLコレステロールが低い場合、貧血や栄養障害などが起こるためでこの状態が長く続くと、さらに健康への悪影響が心配されます。

 

脂っこいものをよく食べるなど食生活のバランスの悪さで、摂取しすぎ、高くなることが多いLDLコレステロールですが、低すぎることもよくないので基準値になるような食生活を心がけていきましょう。

⇒ 中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリランキング

page top