中性脂肪を下げるEPAの効果!?サプリ飲むだけなのに早く数値が低下する理由とは

中性脂肪を下げるEPAの効果!?サプリ飲むだけなのに早く数値が低下する理由とは

血液検査で指摘され薬を飲むまではいかないものの「早く数値を下げないと・・・」とお悩み方は多いですが、食事療法、運動療法ともに続けていくのは大変ですよね。

 

 

会社帰りにお酒の付き合いがあって断りにくかったり、仕事柄の接待やコンビニスイーツが新発売!というものまで食べ物の誘惑を断ち切るのは本当に辛いです。健康を考えて中性脂肪、コレステロール値、見た目も気になりダイエットもしないと・・・と思ってもなかなか持続はできません。

 

とくに検査で中性脂肪を下げたほうがいいと指摘されていた場合は、動脈硬化、心筋梗塞などさまざまな病気を予防するためにも1日でも早く中性脂肪を下げたいものです。

 

努力を少なく、しかも、ちゃんと結果が出てほしい!そんな悩みを解決する方法として、EPAサプリを飲むことをおすすめします。

 

> 中性脂肪を下げるEPAサプリ <

 

 

EPAとはあまり聞きなれない物質なのですが、中性脂肪を下げることを考えるならば、是非とも知っておいてほしい栄養素になります。ここでは、EPAが一体どんな効果、役割をしてくれるのかについて見てみましょう。

 

EPAとは

 

EPA(エイコサペンタエン酸)は健康情報などでよく耳にする不飽和脂肪酸、必須脂肪酸の1つでオメガ3脂肪酸ともいわれます。生きていくうえで重要な成分なのですが人間の体内では作り出すことができません。

 

加齢とともに少なくなってしまうEPAは食べ物から取る必要がありますが、比較的多く含まれているものは青魚などで毎日食べるのはちょっと大変と思われるものが多いです。

 

EPAはどんな働きをする?

 

EPAはいろいろな働きがありますが代表される健康効果として血液をサラサラにしてくれるというので注目されています。

 

 

肉を多く食べるようになった日本人は血液がどろどろになりがちな事で起こる動脈硬化や、脳梗塞、内臓脂肪の増加など病気、症状の改善のためにできるだけ多く食べるようにした方がいいでしょう。

 

健康診断で悪玉コレステロール、中性脂肪の数値を指摘されたという場合には過剰に油ものを食べないなどしたうえでしっかりとEPAを摂取するように心がけていきましょう。

 

EPAは、人間の体内において血液中で働いてくれる物質になります。脂肪を食べると、血液に脂肪が多く流れます。この際、脂肪の摂取があまりにも多いと、血液がドロドロの状態になってしまうのですが、これを防いでくれるのが、まさにEPAなのです。

 

 

EPAサプリは効果が速い?

 

 

通常、食事療法の効果はなかなか現れにくいものですが、EPAを多く含むものを毎日食べるという方法では2週間で血液検査の数値が改善されたという例がたくさんあります。

 

毎日のように青魚の料理を食べられるならそれでもいいのですが、さすがにこのさきずっと永遠に続けていくのが無理なら代用としてEPAサプリを飲むほうがストレスも少なく済みますね。

 

中性脂肪を下げるために食事療法を特に行わずに(食べ過ぎだけには注意してください。)EPAサプリを毎日摂取した場合、EPAを多く含む青魚を毎日食べたことと同じこととなりますから、サプリで代用しても早く結果が得られるでしょう。

 

> 中性脂肪を下げるEPAサプリ <

 

 

厚労省が推奨している1日当たりのEPA、DHA摂取量は1,000mgです。EPAとDHAは同じオメガ3脂肪酸で合算して推奨量を算出されています。

 

早く中性脂肪値を下げようと食べ物と同じならEPAサプリもどんどん飲んでしまえ!というのはとても危険な行為です。EPA、DHAなどオメガ3脂肪酸は摂取量が決められています。EPAサプリはパッケージに表示されている決められた量を飲むようにしましょう。

 

また、今日は青魚をたくさん食べたけどEPAサプリを飲んでも大丈夫かと心配する方もいらっしゃるのですが、毎日基準値を上回るわけではないですから心配はいりません。もちろん、食べ物からたくさん摂取した日にはサプリを飲まないという選択をしてもOKです。
⇒ EPAを過剰摂取するとどうなる?適量を知らないと危険です!

 

EPAサプリはいつ飲むのがいい?

 

サプリにも効果的に飲むタイミングがあるものがありますが、EPAサプリもそうです。EPAサプリは昼間や夜に飲むよりも朝のほうが効果が高くなります。

 

⇒ EPAサプリはいつ飲むと効率がいい?朝と夜ならどっち?

 

EPAは魚の油なのですが、魚の油の場合、常温でも血液内で固まることがありません。それどころか、血液内に凝り固まっている脂肪が、EPAを摂ることによって上手く分解されるようになる有効な成分です。

 

体内に脂肪、悪玉コレステロールが蓄積してしまうと、それが動脈硬化を引き起こすようなことに繋がる場合もありますが、EPAを定期的に摂取すれば、悪玉コレステロールの生成についても、きちんと防いでくれるのです。

 

EPAは中性脂肪などの体内に多くなると悪影響を及ぼす物質を悪さをしないようにしてくれる予防措置と、現在すでに多くなっているものも分解してくれるのでダブルのアプローチで健康体質に近づけてくれます。

⇒ 中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリランキング

page top