EPAがアトピー性皮膚炎などの炎症を予防改善する?!

EPAがアトピー性皮膚炎などの炎症を予防改善する?!

EPAサプリでサトポー対策

 

EPAはオメガ3脂肪酸と呼ばれる必須脂肪酸の一つで、人間の体内ではほとんど作り出すことができないため、食事から積極的に取り入れることが推奨されています。

 

同じくオメガ3脂肪酸のDHAと共に、サプリメントなどもよく販売されていて、中性脂肪値の低下に効果があり、食事の改善に役立てたい成分です。

 

さらに、EPAやDHAにはアトピーを緩和、改善する効果もあることが研究で明らかになってきています。食生活を変えていくこともアトピー改善に繋がっていくのです。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

繰り返す辛い痒みなどの症状、アトピー性皮膚炎

 

 

アトピー性皮膚炎とは、痒みを伴う湿疹が治ったと思ったら、また繰り返す症状のことを言います。アトピー性皮膚炎は乳幼児の病気というイメージもあるかと思いますが、最近では大人になっても治らないアトピーが増えていますし、大人になってから発症することもあります。

 

アトピーは、アトピー素因を持った人、つまり、アレルギーを起こしやすい体質を持った人が発症することが特徴的です。アレルギーを引き起こすアレルゲンに反応して、IgE抗体(免疫物質)を作り出しやすい性質を持っていること、また遺伝的な要素もあります。

 

アレルゲンとなるダニやほこり、食べ物などが体内に侵入した時に、IgE抗体と結びつき、炎症を起こす物質を作り出してしまうのです。皮膚のバリア機能が低下した乾燥した状態で起こり、ストレスなどの環境的要因とも合わさって症状が起こってしまいます。

 

アトピーの症状を緩和、改善するためにEPAが有効なのは

 

 

アトピーの症状は、アレルゲンとIgE抗体が結びつき、炎症を起こす物質を作り出すことで起こりますが、EPAやDHAにはこの物質の生成を抑える働きがあるのです。アレルギーを引き起こす物質には、ヒスタミン、ロイコトリエン、プロスタグランジン、PAFなどがあります。

 

EPAやDHAはヒスタミンには効果は実証されていませんが、ロイコトリエン、プロスタグランジン、PAFなどが過剰に生成されるのを抑えてくれるのです。ロイコトリエンなどの物質を作り出すには、アラキドン酸と呼ばれる物質が関わっています。

 

アラキドン酸は、肉類やリノール酸などの油に含まれる必須脂肪酸です。アレルギー症状に関わるアラキドン酸はリノール酸が変化することでも作り出されますが、最近このリノール酸の摂りすぎが問題視されています。

 

食生活の欧米化により、アラキドン酸が体内に増えることで、アトピーなどのアレルギー症状を持つ人が増えたと考えられているのです。

 

EPAサプリはいつ飲むと効率がいい?朝と夜ならどっち?

 

EPAには、炎症を抑えたり皮膚を丈夫にする働きも

 

 

EPAはアレルギー症状を引き起こすアラキドン酸由来の物質の生成を抑えるだけでなく、アトピー症状を緩和、体質を改善する働きがあります。EPAには、炎症を抑え、アレルゲンに対する過剰な防御から免疫細胞が炎症を起こすのを抑えてくれるのです。

 

また、皮膚を丈夫にする働きもあることから、アレルギー物質の侵入を抑制してくれます。アトピーの症状を緩和、改善するためには、他にも、生活習慣の改善なども大切です。リノール酸や肉類の摂りすぎに気をつけること、肌のバリア機能を良くするために乾燥を防ぐことなどアトピーが起こる原因を排除していきましょう。

 

また、腸内環境を整えることも、アトピー改善に繋がります。中性脂肪値改善にも役立つ食物繊維を豊富に摂ることもアトピーを改善に導くので、EPAとともに取り入れていきたいですね。

⇒ 中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリランキング

page top