検査キットを使って自宅で中性脂肪値を確認する方法

 

検査に行く時間がないとか、病院に行くのが面倒だったり外出が嫌いだし・・・と思っても自分の健康状態は知っておきたいですよね。健康ブームでテレビ番組などでも中性脂肪が高いと不健康だ、血管が危ない!なんて話をよく目にしますよね。

 

食生活や運動不足などの問題で「なんか体重増えてない?」なんて肥満傾向にあると、健康診断の時はもちろん、ふくよかになってきた体を見るたびに気になってしまいませんか?

 

けれど、中性脂肪がなんなのか、意外と知らない人も多いのではないでしょうか?中性脂肪を意識して生活を送っているけど、生活習慣の改善でどれぐらい中性脂肪の値が変化したのか、気になりますよね?

 

けれども、わざわざ検査のために病院に行くのは時間がかかってしまいます。今回はそんな人のために、中性脂肪とは何か、自宅で中性脂肪を測るにはどうしたら良いのかを見ていきましょう。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

中性脂肪って何?体内での役割とは?

 

体に悪い、不健康と言われる中性脂肪ですが、別名を「トリアシルグリセロール」と言い健康診断の検査表ではTGの記号で表記されている場合が多いです。

 

中性脂肪は食べ物から摂取した脂質のうち、普段の生活の中で使い切らなかった分のエネルギーを蓄えたものです。また、炭水化物を多く摂取した場合や、アルコールを摂取した場合にも、肝臓で合成されることで体内に蓄積されます。お腹周りなどの気になる皮下脂肪、いわゆる贅肉が中性脂肪なのです。

 

肥満や高血圧などと合わせて語られる場合が多く、中性脂肪が高いと健康によくないと頻繁に耳にすることから、不要であると思われがちですが、人体を動かすエネルギー源であり、内蔵を衝撃や冷えから守るなど、生き物にとって必要な物質ですので、あまりに低すぎるのも良くないわけです。

 

自宅で中性脂肪値を調べる血液検査キット

 

中性脂肪が高すぎても低すぎても良くないということがわかったところで、気になるのが、実際に自分の中性脂肪値を調べる方法ですよね。

 

もちろん病院に行って検査をしてもらえば調べることはできますが、検査のためだけにわざわざ病院に行くような時間を作るのは難しいという人もいるでしょう。こういった場合におすすめなのが、個人向けの自宅で出来る血液検査キットです。

 

1回あたり7〜8000円前後の物が多く、少し高額ですが中性脂肪だけでなく、コレステロールや血糖値など、気になる数値もチェックすることができます。

 

血液検査キットなどのキーワードで検索すればインターネットでも簡単に購入でき、検査の方法も、届いたキットの説明書き通りに指先などから血液を採取して、郵送すれば数日後には検査結果が手元に届く、という寸法です。

 

郵送なんて待ってられない!という方には脂質測定装置と呼ばれるその場で中性脂肪を検査できる機械もありますが、お値段が10万円以上と非常に高価ですので、よほど中性脂肪について注意する必要のある人以外にはおすすめしづらいものです。

 

デメカルの生活習慣病12項目+糖尿病検査キット

 

生活習慣病12項目+糖尿病検査キット

 

デメカルという企業の「生活習慣病12項目+糖尿病検査キット」では中性脂肪値を含む検査を12項目できるセットがあります。詳しい検査方法はコチラで見ることができます。(ページの一番下から動画がダウンロードできるようになっています。)

 

検査項目
栄養状態 : TP(総淡白)Alb(アルブミン)
肝機能 : GOT/GPT/γ-GTP
脂質 : TG(中性脂肪)/TC(総コレステロール)/HDL-C(HDLコレステロール)
糖 : Gluc(血糖)+HbA1c
腎機能 : BUN(尿素窒素)/CRNN(クレアチニン)
痛風 : UA(尿酸)

 

生活習慣病、メタボが気になる方向きの検査キットで糖尿病検査でも重要なHbA1cも調べることができます。検査キットはコチラから購入可能です。

 

中性脂肪は結局どのぐらいがいいの?

 

中性脂肪の値を示すTGの数値ですが、150mg/dl以上の、場合脂質異常症と言われ注意が必要になります。中性脂肪の正常値は男女差、年齢によって変化します。

 

おおよそ50〜146mg/dlの範囲であれば正常といえるでしょう。30を切るようだと今度は中性脂肪の低すぎを心配する必要がありそうです。

 

出来るだけ運動をして、食事も脂肪分だけでなく炭水化物やアルコールの摂取量にも気をつけて、それでも心配に思うようなら、今回ご紹介した検査キットを定期的に使用してみるのもいいでしょう。

中性脂肪を下げたい人にDHA・EPAサプリ

医薬品にも使用される中性脂肪を下げるEPA・DHAにはサプリ、ドリンクの2種類あります。毎日、飲むことで食事制限や運動、アルコール制限の効果もしっかりと数値に表れてきます。DHA、EPAは油なので吸収率アップしたいなら飲むタイミングは食後がおすすめです。


きなり

DHAサプリメント「きなり」の特徴

オメガ3(DHA、EPA)、ナットウキナーゼで血液サラサラ! 血液サラサラ成分のDHA、EPA、ナットウキナーゼ、さらにアスタキサンチン、クリルオイルも配合されているサプリメント。クリルオイルが酸化を防ぎ新鮮なDHA、EPAを全身に届けます!返金保証キャンペーン中!

価格 評価 備考
送料無料 1,980円 評価5 EPA・DHA 500mg

美健知箋EPA&DHA

美健知箋EPA&DHAの特徴

DHA、EPAが最高水準の多さ!製薬会社のサプリ

佐藤製薬から発売されている「美健知箋EPA&DHA」は中性脂肪を下げるEPA、DHAがたっぷり。持ち運びに便利な個別包装です。初回限定価格

価格 評価 備考
送料無料 1,000円 評価4.5 EPA・DHA 750mg

さかな暮らし EPA&DHAの特徴

クリルオイルで酸化予防!DHA、EPAもたっぷり! 機能性表示食品(B421)のして認められていて、DHA、EPAの含有量も多いサプリメント。通常価格2,800円、2〜3か月毎に2袋なら送料無料で5,040円とちょっとお得な価格設定となっています。

価格 評価 備考
2,540円 評価4.5 EPA・DHA 860mg

イマークS

イマークSの特徴

トクホのドリンク、血中中性脂肪値が約20%低下!? 中性脂肪値を低下させる作用で話題のEPAがたっぷりの特定保健用食品「イマークS」はDHAも配合されています。青魚成分のEPA600mg、DHA260mg。早ければ4週間で実感!

価格 評価 備考
送料無料 1,000円 評価4 EPA・DHA 860mg

極上クリル

極上クリルの特徴

クリルオイルにはDHA、EPA、アスタキサンチンが豊富! 極上クリルにはクリルオイルがたっぷり!メタボが気になる生活習慣病、中性脂肪、コレステロールへの効果のみならず関節痛や、PMSなどの改善にも効果が期待できるサプリです。

価格 評価 備考
送料無料 5,400円 評価3 EPA・DHA 182mg