血液サラサラ!納豆のナットウキナーゼで中性脂肪を減らそう

血液サラサラ!納豆のナットウキナーゼで中性脂肪を減らそう

血液サラサラ!納豆のナットウキナーゼで中性脂肪を減らそう

 

日本人の食卓によく並ぶ納豆は、昔から健康的な食品として重宝されてきました。苦手な方も多い納豆ですが、中性脂肪値の改善などにも期待が持てるぜひ食べておきたい食品です。

 

そして、納豆に含まれる成分で最近注目を集めているのが、ナットウキナーゼです。ナットウキナーゼには中性脂肪にも関わる優れた効果があるのです。

 

今回は納豆、それに含まれるナットウキナーゼについて、中性脂肪値の改善の観点から見ていきたいと思います。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

納豆などの大豆製品が中性脂肪を減らす理由とは

 

納豆など大豆製品を摂取し続けた場合に、中性脂肪値が減ることは様々な調査で実証されています。ただ、なぜ大豆製品が中性脂肪を減らすかということは、はっきりとは分かっていません。

 

まず考えられる理由としては、肉類などからたんぱく質を摂取するのを大豆製品に置き換えることで、動物性の脂肪を減らすことができるからです。

 

肉類にはアミノ酸などの栄養が含まれているので中性脂肪を減らすためとはいえ、減らし過ぎてはよくありません。しかし、動物性脂肪は飽和脂肪酸と呼ばれ、中性脂肪として蓄えられやすい性質を持っています。

 

そこで、畑の肉と言われる大豆製品に置き換えることで、良質な植物性たんぱく質、アミノ酸を摂取しながら、中性脂肪の増加を抑えることが可能となるのです。

 

また、大豆たんぱく質には脂肪分を体外に排泄する働きがあり、中性脂肪の小腸や肝臓での吸収を抑制していると考えられています。

 

血液をサラサラにする効果

 

納豆の原料、大豆

 

納豆に含まれる酵素、ナットウキナーゼは納豆にしか含まれない成分です。このナットウキナーゼ、中性脂肪を直接減らす働きがあるわけではありませんが、中性脂肪値の増加が原因となる動脈硬化を予防する作用があります。

 

中性脂肪やコレステロールが血液中に増えすぎると、血管に血栓ができてしまう可能性があります。この血栓が血管の詰まりとなり、血液の流れが滞って動脈硬化、さらには脳梗塞や心筋梗塞へと繋がってしまう恐れがあるのです。

 

ナットウキナーゼには血栓融解作用があり、できてしまった血栓も溶かす働きがあります。ナットウキナーゼの血栓融解作用は大変強力で、医療用に使われているウロキナーゼよりも強いと言われています。

 

ナットウキナーゼの上手な摂取の仕方と注意点

 

ナットウキナーゼの血栓融解作用は非常に強いので、心筋梗塞や脳梗塞を予防するワーファリンという薬を服用している方は、出血が止まらなくなる可能性があるため、納豆を食べる事は避けてください。

 

また、納豆は大豆製品で女性ホルモンのバランスを整える大豆イソフラボンが入っていますが、摂取し過ぎると婦人科の病気のリスクを高める可能性があるため、食べ過ぎには注意しましょう。

 

ナットウキナーゼの血栓融解作用を効率的に働かせるためには、夕食の時間に納豆を食べるのがいいそうです。血栓は夜中から朝に作られやすいため、夕食時間に食べておくと予防になるのです。

 

それから、ナットウキナーゼは熱に弱い性質があるため、納豆を食べる時には熱いご飯にかけたり、汁をかけたりせずに別々で食べるように心がけましょう。ナットウキナーゼの効果を得るためには、1回に100g、週に3回以上は食べるようにしましょう。

 

ただ、納豆は好き嫌いの差が激しく、苦手な方も多いと思いますので、そんな時にはサプリメントで取り入れるのもいいですね。サプリメントには、ナットウキナーゼ単独のものだけでなく、中性脂肪を下げる効果のあるDHA、EPAと組み合わせたものもあります。

 

中性脂肪値の増加、そしてそれが原因となる動脈硬化を予防するため、納豆、ナットウキナーゼを試してみてはいかがでしょうか。

⇒ 中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリランキング

page top