中性脂肪が高いと脳梗塞になるリスクがアップ!?予防対策とサプリ

中性脂肪が高いと脳梗塞になるリスクがアップしてしまう

 

中性脂肪が過剰な状態が続くと、命を落とす可能性のあるような恐ろしい病気に繋がるので気をつけなければなりません。中性脂肪に関わる病気としては、脂質異常症動脈硬化症、脳梗塞、心筋梗塞脂肪肝など様々な病気があります。

 

その中でも、脳梗塞や心筋梗塞は命に直結するような重大な病気です。今回取り上げる脳梗塞は、脳の血管が詰まることで、脳の一部が壊死してしまう状態です。

 

脳梗塞は突然命の危険にさらされる病気として気をつけなければならないわけですが、長年の生活習慣の積み重ねが原因になってきます。脳梗塞がなぜ起こるのか、そして中性脂肪の関係について見ていきましょう。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

中性脂肪と脂質異常症、動脈硬化との繋がり

 

 

脳梗塞の危険因子として取り上げられるものに、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、喫煙、肥満、飲酒などがあります。この中で、中性脂肪に深く関わるのが脂質異常症です。

 

脂質異常症とは、血液中に中性脂肪や悪玉コレステロール(LDL)が増えすぎた状態で、善玉コレステロール(HDL)は少ない状態です。中性脂肪の基準値を超えていれば、すでに脂質異常症にかかっていると言えます。

 

脂質異常症がなぜ脳梗塞のリスクを高めるかというと、動脈硬化の原因となるからです。動脈硬化とは、体中の器官に血液を運ぶ動脈が、加齢や生活習慣によって柔軟性を失い、硬くもろくなってしまう状態を言います。

 

 

中性脂肪が増えすぎると血管に悪影響が

 

ヘルシーな食事

 

動脈硬化は加齢によって進行していくものですが、生活習慣の違いによって差が出てきます。動脈硬化の進行を遅くするためには、コレステロールをコントロールすることが大切です。

 

動脈硬化はコレステロールが血管壁に付着して、血管を狭く硬くしてしまうため、コレステロールを減らしていきたいところです。ただ、コレステロールの総数を減らせばいいというものではなく、悪玉コレステロールの数を減らさなければなりません。

 

善玉コレステロールは血管壁に付着する悪玉コレステロールを掃除する役割があるのですが、中性脂肪が増えると、善玉コレステロールの数が減ってしまうのです。善玉コレステロール値が低すぎると、脳梗塞が起こりやすいという報告もあります。

 

また、中性脂肪が増えると、血管内壁に付着しやすい超悪玉コレステロールも増えてしまいます。そして、中性脂肪が増えると、血管内壁の細胞が傷つき、炎症を起こします。この炎症も動脈硬化を引き起こすきっかけとなってしまうのです。

 

中性脂肪、コレステロールを下げる対策はほぼ同じといっても過言ではなく、またこのページの下の方でも説明していますが、食事改善と運動療法でどちらの数値も下げることが可能です。

 

動脈硬化が招く恐ろしい病気、脳梗塞の症状

 

 

この動脈硬化によって引き起こされるのが、脳梗塞です。脳梗塞とは、脳卒中の一つで、脳に繋がる脳動脈の内腔が詰まり、血流が妨げられて一部に壊死が起こる状態です。

 

脳梗塞は突然意識を失って倒れてしまう病気と思われがちですが、それはごく一部のことで先に様々な症状が起こる可能性があります。

 

例えば、片方の手足の力が入らなくなる、動かなくなるなど右半身か左半身のどちらかだけ運動麻痺が起こるのが多くみられる症状です。

 

他にも、ろれつが回らなくなる、言いたい言葉が出てこなくなるなどの症状、体の片側のしびれ、意識の低下、歩けなくなる、めまい、吐き気、片目が見えなくなるなどの症状があったら、脳梗塞を疑いましょう。

 

そして、脳梗塞が起こってしまったら、速やかに救急車を呼んで専門機関で早期の治療が大切となります。

 

脳梗塞のリスクを下げる!予防対策

 

脳梗塞を予防するために、中性脂肪を減らす海藻類やお茶を飲んだり、食物繊維を多くとるなどを食習慣の改善、エネルギーを脂肪として溜め込まないように運動することを心がけることが大切です。

 

運動は「有酸素運動をしないと!」なんて頑張らなくても散歩してみたり、腹筋や背筋、スクワット運動などで大きな筋肉を使う無酸素運動だけでもOKなので少しづつでも続けるようにしましょう。

 

また、体の状態を常にチェックすることが大事です。早期発見のためにも、普段から血液検査などを積極的に受ける習慣をつけるようにしたいですね。自宅で簡単にできる検査キットも通販で販売されていますよ。