中性脂肪を下げるオリーブオイル

少しでも中性脂肪を下げるために健康的な食事を心がけたいものですが、炒め物などの時にも油脂を禁じられてしまうとちょっと辛いですよね。できるだけ油を使わないレシピを作りたいのは、言うまでもありませんけど。

 

 

だからといって、全く油を使ってはいけないということはありません。中性脂肪を上げることが少ないものを使用するなどの工夫もできますね。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

オリーブオイルを使おう!

油を使用するときにはできるだけ中性脂肪を上げないものを使用しましょう。トクホの専用のものをしようしたり、オリーブオイルもおすすめですよ。オリーブオイルは、中性脂肪を下げるだけでなく、花粉症予防などよい効果もあるといわれていて健康的です。

 

たとえば野菜炒めをするときも、オリーブオイルで炒めて選ぶ野菜は食物繊維の多い物を使いましょう。野菜はもともと摂取カロリーが低く、少しばかり多めに食べても総カロリーに大きく影響するようなことはありません。

 

また、キャベツやニンジン、もやしなどの野菜には、食物繊維がふんだんに含まれているため、それほど大量に食べなくてもそれだけでもお腹がいっぱいになることもありますよね。

 

ダイエットの時でも野菜から食べ始めて満腹感を満たした方が早く痩せられるとか、同じ量食べても太りにくいと言われているぐらいに野菜は必要な存在なのです。

 

他には、豆腐、おからの炒め物(卯の花)も、中性脂肪を下げることを考えればおすすめです。おからは低カロリーで高タンパク、しかも大豆のカスのおからは食物繊維がとても豊富です。

 

こういった簡単な野菜炒め、卯の花も、調理法はとっても簡単なので、料理にあまり慣れていない方でも、手軽に作ってみることができますよ。自炊しない方は自分で作ってみることでどれだけ油を使用するのかなども分かっていいと思います。

 

オリーブオイルの健康への効果

オリーブオイルにはオレイン酸が多く含まれています。このオレイン酸が善玉コレステロールを増やしてくれ、また逆に悪玉コレステロールを減らしてくれるのです。

 

生活習慣病、ガンなどの原因にもなる体内での脂肪の酸化ですが、オレイン酸は酸化しにくく、酸化と同じく体に害のある活性酸素を減少させるポリフェノール、ビタミンEも多く含んでいます。

 

色素成分として含まれているクロロフィルはデトックス作用、抗炎症作用がありますからニキビの予防にも効果が期待できます。人間の一番、有効なデトックス方法は便秘解消することなのですが、オリーブオイルに含まれるオレイン酸は腸内で吸収されにくいタイプなので蠕動運動を助けることになり便秘にも効果があります。

 

デトックスや便秘解消というのは中性脂肪にも若干関係してきますよね。脂肪を含む不要な物を体外に素早く排出できるのは健康にもとても重要なことですし、ダイエットにもよい効果が期待できますから、中性脂肪を下げるために少なからず役立ってくれるでしょう。

 

オリーブオイルを食べるときの注意点は?

健康へもよい効果がたくさんあるオリーブオイルですが、その効果を最大にするために注意することがあります。それは、オリーブオイルの酸化、劣化を防ぐことです。

 

日の当たる場所に保管されていたり、明るい場所というのは劣化を早めますので、保管は暗い場所で、販売されているときにも光(蛍光灯の光でも)というのは当たることが多いので、瓶に茶色の色がついているものがいいでしょう。

 

また、料理に使う場合は加熱することで酸化し、含まれているポリフェノールが減少してしまうので、生で食べるようにしたほうがいいです。サラダにドレッシングに混ぜてなどがおすすめです。

 

オリーブオイルはオイルと表記されますが、果汁でもあります。劣化しやすいので、安いからと大量に購入してから少しづつ使っていると抗酸化作用も低下し、健康効果が得られない場合もあります。フレッシュな状態でいつも食べられるように、小さめの瓶で新しいものを食べるようにしましょう。

 

中性脂肪を下げる油とドレッシング

これまでの食事を見直して、野菜の摂取を積極的に行うのは、大変素晴らしいことです。これまでに学んだように、野菜は脂肪分が少なく、且つカロリーが低いので、中性脂肪を下げることにダイレクトに繋がていくのです。

 

 

しかも現代人に足りない栄養をきちんと摂取することができるのですから、野菜の効果を侮ることは言語道断と言っても良いでしょう。しかし、だからと言って、野菜を摂取する時に落とし穴についてケアしないのは、良くありません。ここでは、いざ野菜を摂取する時に、気をつけておきたいことについてお話します。

 

まず気をつけないといけないのは、野菜と一緒に摂取する調味料です。特にマヨネーズを使用する場合は、要注意です。野菜を摂取しているので、中性脂肪を下げるができているのかと思いきや、実はマヨネーズによって体内の中性脂肪を増やしていたということも、往々にしてあるのです。

 

特にマヨネーズのカロリーは高いので、できることなら摂取を避けるか、摂取をしたとしても少量に抑えておく方が良いのです。また、ドレッシングも同様です。サラダ油などが入っているので、このカロリーが結果に影響してしまうことも、良くあることですからできるだけオリーブオイルを使うようにしましょう。

 

食用油でも中性脂肪に悪くない、むしろ良い!という油もあります。オメガ3、オメガ6という脂肪酸がよいのですが、亜麻仁油(フラックスシードオイル)、エゴマ油、シソ油などがあります。普通にドレッシングなどで使用できる油です。加熱して食べるのには栄養が壊れるので向いていません。

 

この中性脂肪にいい油ですが、メーカーなどによっても違いますが少し臭いがあります。オリーブオイルも特有のアジト匂いがありますのでこの臭いが無理という場合は、ノンオイルのドレッシングを活用してみる方が良いでしょう。そうすれば、野菜を摂取する際に、思わぬ落とし穴にはまることがなく、効果的に中性脂肪を下げることに繋げることができるのです。

中性脂肪を下げたい人にDHA・EPAサプリ

医薬品にも使用される中性脂肪を下げるEPA・DHAにはサプリ、ドリンクの2種類あります。毎日、飲むことで食事制限や運動、アルコール制限の効果もしっかりと数値に表れてきます。DHA、EPAは油なので吸収率アップしたいなら飲むタイミングは食後がおすすめです。


きなり

DHAサプリメント「きなり」の特徴

オメガ3(DHA、EPA)、ナットウキナーゼで血液サラサラ! 血液サラサラ成分のDHA、EPA、ナットウキナーゼ、さらにアスタキサンチン、クリルオイルも配合されているサプリメント。クリルオイルが酸化を防ぎ新鮮なDHA、EPAを全身に届けます!返金保証キャンペーン中!

価格 評価 備考
送料無料 1,980円 評価5 EPA・DHA 500mg

美健知箋EPA&DHA

美健知箋EPA&DHAの特徴

DHA、EPAが最高水準の多さ!製薬会社のサプリ

佐藤製薬から発売されている「美健知箋EPA&DHA」は中性脂肪を下げるEPA、DHAがたっぷり。持ち運びに便利な個別包装です。初回限定価格

価格 評価 備考
送料無料 1,000円 評価4.5 EPA・DHA 750mg

さかな暮らし EPA&DHAの特徴

クリルオイルで酸化予防!DHA、EPAもたっぷり! 機能性表示食品(B421)のして認められていて、DHA、EPAの含有量も多いサプリメント。通常価格2,800円、2〜3か月毎に2袋なら送料無料で5,040円とちょっとお得な価格設定となっています。

価格 評価 備考
2,540円 評価4.5 EPA・DHA 860mg

イマークS

イマークSの特徴

トクホのドリンク、血中中性脂肪値が約20%低下!? 中性脂肪値を低下させる作用で話題のEPAがたっぷりの特定保健用食品「イマークS」はDHAも配合されています。青魚成分のEPA600mg、DHA260mg。早ければ4週間で実感!

価格 評価 備考
送料無料 1,000円 評価4 EPA・DHA 860mg

極上クリル

極上クリルの特徴

クリルオイルにはDHA、EPA、アスタキサンチンが豊富! 極上クリルにはクリルオイルがたっぷり!メタボが気になる生活習慣病、中性脂肪、コレステロールへの効果のみならず関節痛や、PMSなどの改善にも効果が期待できるサプリです。

価格 評価 備考
送料無料 5,400円 評価3 EPA・DHA 182mg