ピザは中性脂肪が増える原因に!?中性脂肪こそがデブの根源

ピザ中性脂肪が上がる

 

解ってはいるけれど、中性脂肪の要因となりやすいファストフードやピザを食べるのを突然止めるのは意外にハードルが高いものです。ちょっとジャンクな感じがとてもおいしいんですよね。

 

そして、中性脂肪を気にするからといって、食べたいものを無闇に禁止するのは考えものです。中性脂肪過多の解消にダイエットが有効ですが、我慢をし過ぎてストレスを伴うダイエットは長続きが難しくなるというのがその理由。

 

そこで、中性脂肪を意識したピザの食べ方を学びましょう。正しくピザを食べることは、ダイエットの合間の最適な息抜きになるに違いありません。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

中性脂肪を下げるには飲み物を選ぼう

 

紅茶

 

ピザを食べる時に飲みたくなる飲み物といえばビールやコーラなどですね。しかし、これらはピザの味とは相性が良くても、中性脂肪を気にする人が選ぶのは大間違いです。

 

何故かといえば、炭水化物と糖質を同時に食べてしまうことになるからです。この炭水化物と糖質がピザに含まれる脂質を同時に摂取するのは絶対的なタブーなのです。

 

では、中性脂肪を上げないためには、どのような飲み物を選べばいいのでしょうか。まず、一番のオススメは、温かいノーカロリーの飲み物です。ビールやコーラなどの冷たい飲み物は、ピザに使われているチーズの消化効率を低下させてしまい、中性脂肪化するのを助長してしまいます。

 

それを避けるために、具体的には紅茶がいいでしょう。手軽に買い置きしておける点も便利です。チーズフォンデュを食べるスイスの人達も温かいチーズを食べる時のお供として選んでいるのは紅茶が多いといわれています。是非、お手本にしてみてください。

 

食べる量を決めてから食べ始める

 

生野菜を食べる

 

適度な塩分と風味豊かなチーズ味は、いくらでも食べられそうな気がします。でも、食べ過ぎこそが中性脂肪の大敵だということは明らかです。

 

そこで食べ過ぎを防ぐために最初に食べる量を決めて、お皿に取り分けましょう。そして、お皿に取った分以上は決して食べないようにしましょう。

 

満腹になれず、反対に食べたい気持ちが抑えられないと心配になる人は、食事をはじめたらすぐに生野菜などをたくさん食べておくようにするといいでしょう。食事前に生野菜を食べるのはダイエット方法としても有名ですね。

 

または、食後に少し熱めのホットミルクをゆっくり飲むというのも満腹感を得るためによい方法です。飲み終わる頃にはしっかりとお腹が膨れてきますよ。

 

ピザはたまに食べるからこそ美味

 

ピザのようなジャンクフードは非常に依存性の高い食べ物としても知られています。自制しなければ、病気になるまで食べ続けてしまう危険性を孕むピザ。

 

したがって、単に食べ続けてしまう人は「ピザが食べたくなる」ことはあっても、「ピザを美味しいと感じる」ことは徐々になくなってしまうのです。あんなに美味しいものを惰性で食べてしまうなんて、もったいないと思いませんか。

 

その対策としては、ピザを食べる頻度を低くするだけでOK。ピザを身体の毒としてしまうのは本人次第だと心得てください。特に中性脂肪値が高めだと指摘されている人や、中性脂肪を下げようとサプリを飲んで努力しているなどの場合は努力がまったく無駄になってしまうので注意しましょう。

 

美味しいものは美味しく、楽しく食べると心の栄養にもなるのです。そして、中性脂肪の懸念と無縁の生活をして、ピザをいつでもご馳走として食べようではありませんか。