プラークがあるなら1日でも早く中性脂肪下げて!

中性脂肪が高くプラークがあるなら1日でも早く中性脂肪下げて!

プラークが危険

 

いつまでも健康な体を保つためには、血管を若々しく保つことが大切です。人は血管から老いるとも言い、老化などによって動脈硬化と呼ばれる様々な疾患に繋がる状態となってしまいます。

 

動脈硬化とは、血管が硬くもろく、弾力性を失った状態を言います。血管の内壁にプラーク(動脈硬化巣)が溜まると、さらに動脈硬化が進行してしまいます。

 

このプラークとは一体どのようなものなのでしょうか?そして、動脈硬化を作り出すプラークと中性脂肪の関係についてもご紹介していきましょう。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

動脈硬化を進行させてしまうプラークとは

 

動脈硬化は、加齢によって誰にでも必ず起こることです。しかし、加齢以外による原因でも動脈硬化が進行してしまうので、気をつけなければなりません。

 

動脈硬化を進行させる要因となるのは、プラークと呼ばれるコブ状の組織です。プラークは、血管内壁に余分なコレステロールが溜まることで形成されます。

 

コレステロールは血管の内壁に入り込んで、血管の壁が分厚くなっていき、プラーク(コブ)ができてしまうのです。次に、溜まったコレステロールを処理するために、血管の中を流れる白血球がマクロファージという細胞に姿を変えます。

 

このマクロファージがコレステロールを取り込んで処理するのですが、マクロファージはコレステロールを取り込んだ後に死んでしまいます。マクロファージも血管内壁に溜まっていき、粥状のさらに大きなプラークとなって動脈硬化が進行してしまうのです。

 

プラークを形成するコレステロールと中性脂肪

 

コレステロールも悪いやつ

 

プラークを形成する血管壁に付着するコレステロールは、悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールです。コレステロールはその役割で2種類に分けられ、血管壁に付着する悪玉コレステロールと、それを回収して血管壁の掃除をする善玉コレステロール(HDLコレステロール)があります。

 

つまり、善玉コレステロールが増えれば、悪玉コレステロールが付着してプラークを形成する確率も下がるというわけです。しかし、中性脂肪が増えると、善玉コレステロールが減少することが分かっています。

 

そして、血管内壁に入り込みやすく、悪性の高い小型LDLの数も増やしてしまいます。中性脂肪が増えることで、プラークが形成されやすくなり、動脈硬化を加速させてしまうのです。

 

また、プラークの形成は血管の内皮細胞が傷ついて炎症反応を起こすことで、動脈硬化を防ぐ働きが失われ、コレステロールが入り込みやすくなります。中性脂肪が増えることは、血管に負担をかけ、炎症反応を早めるため、プラークができやすくなってしまうのです。

 

生活習慣病に結びついていく危険なプラーク

 

プラークが形成され、動脈硬化が進行すると、狭心症や心筋梗塞などの心疾患、脳梗塞や脳出血などの脳疾患のリスクを高めてしまいます。何らかの刺激によってプラークが破れてしまうと、血小板でかさぶたが作られ、血栓ができてしまいます。

 

血栓ができると、血流が滞ってしまい、その先の細胞に酸素や栄養が行き届かなくなるような重大な病気に繋がってしまうのです。プラークの形成を防ぎ、血管年齢を若く保つためには、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすような生活習慣の改善が何より大切です。

 

そして、いくらプラークができていても動脈硬化は自覚症状がないため、血液検査をしたり、血管年齢を測って今の状態を把握しておきましょう。

⇒ 中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリランキング

page top