糖質制限ダイエットで体重と一緒に中性脂肪も低下する?

糖質制限ダイエットで体重と一緒に中性脂肪も低下する?

糖質制限ダイエットで体重と一緒に中性脂肪も低下する?

 

『糖質制限』とは、炭水化物や糖類などの摂取を控えるダイエット方法です。もともとは糖尿病の血糖値対策のための食事療法でしたが、中性脂肪を減らす効果もあることがわかり注目されるようになりました。

 

糖質制限ダイエットで成功している方は多いと言われていますが、きちんと管理しないと、逆に太ってしまったり、中性脂肪が増えてしまったりします。

 

糖質制限ダイエットの正しいやり方を知って、停滞期やリバウンドの心配なく確実に中性脂肪を減らしましょう。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

糖質制限で痩せる仕組み

 

 

炭水化物や糖質が多く入っている食べ物を摂取すると、血糖値が上昇します。そうなると、血糖値を下げるために、インスリンというホルモンが肝臓で生成されます。

 

このインスリンの分泌が過剰になると、インスリンが血液の中の糖質と結合して、中性脂肪になってしまうのです。

 

そのため、糖質を制限することで、肥満の原因となるインスリンの分泌を抑制しようというのが、糖質制限ダイエットの基本となる考え方です。このことから糖質制限ダイエットは、『低インスリンダイエット』とも呼ばれています。

 

また、そもそも糖質とは、三大栄養素のひとつである炭水化物に含まれているものです。炭水化物は、エネルギー源となる糖質と、エネルギー源とはならない食物繊維で構成されています。

 

つまり糖質を制限することは、身体に入ってくるエネルギー源を制限するということになります。そうなると私たちの身体は、体内の脂肪分を分解して、足りないエネルギーを補おうとします。そのときに使われるのが中性脂肪です。このような理由から、糖質制限は、中性脂肪の減らすのにも大きな効果が見込めるのです。

 

糖質制限のやり方

 

 

糖質制限ダイエットには、基本的にカロリー制限はありません。もちろん食べすぎはよくありませんが、空腹感に悩まされることなく続けられるのが、このダイエット方法の大きな魅力と言えます。

 

次の制限を適度に守って、一カ月に1kg程度ずつ、ゆっくりと落としていくことを目標にしましょう。少しづつ体重を減らすことで、体が違和感を覚えることがなくリバウンドが起こりにくいといわれています。

 

控える食べ物:ご飯、麺類、穀類、イモ類、果物。砂糖が含まれているもの。日本酒ビールなどの醸造酒。

 

炭水化物と糖質を含まないものであれば、何を食べても構いません。しかし、糖質制限ダイエットの効果をより高めたいのであれば、青魚や赤身の肉、そして食物繊維を多く含むキャベツやモヤシなどの野菜を積極的に摂取するようにしましょう。

 

また、糖質制限ダイエット中は水分不足になりやすいので、水分もしっかり補給するように心がけましょう。

 

糖質制限の注意点

 

注意点としては、主にふたつあります。ひとつめは、糖質(炭水化物)を全くとらないというのは、かえって逆効果になってしまう可能性があるということです。

 

なぜなら、糖質を制限しすぎると中性脂肪も減少しやすくなりますが、筋肉も落ちやすくなってしまうからです。筋肉が落ちると、太りやすく痩せにくい身体になり、リバウンドしやすくなってしまいます。

 

また炭水化物には食物繊維も多く含まれているため、全く摂取しないとなると、便秘につながることもあります。

 

ふたつめは、糖質制限をする場合、糖質を控える代わりに、たんぱく質を多くとるため肉類の積極的な摂取がすすめられていることです。

 

ただし牛肉や豚肉の過剰摂取は心臓疾患などのリスクが伴うと言われているため、鶏肉、魚介類、野菜などもしっかりとバランスよく摂取していくことが大切です。このとき、手軽に栄養がとれそうな野菜ジュースは、果糖が多く含まれている場合があるので気をつけましょう。

 

糖質制限は、無理をせず根気よく続けることが重要なダイエット方法です。軽い有酸素運動などを取り入れることで、適度に筋肉を維持し、太りにくく痩せやすい身体をつくりながら、中性脂肪を減らしていきましょう。

⇒ 中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリランキング

page top