ヨーグルトの乳酸菌で腸内環境が整い中性脂肪が減る?

ヨーグルトをスプーンですくっている

 

中性脂肪を減らそうと食事制限運動をしても、なかなか成果を上げられない、そんな場合は腸内環境に問題がある可能性があります。

 

最近よく耳にする「腸内フローラ」という言葉があり、腸内フローラのバランスを整えることが中性脂肪にも関わってきます。腸内フローラとは、腸内菌をお花畑として例えた言葉なんです。

 

腸内には100兆個以上の腸内細菌が存在して、バランスを保っています。そんな腸内環境を良くする食品として、よく知られているのがヨーグルト。今回はヨーグルトと中性脂肪の関係について考えていきましょう。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

ヨーグルトで腸内環境を整えると中性脂肪も減る?

 

中性脂肪を減らすために食物繊維を摂ることが大切とも言いますね。これは中性脂肪を体内に吸収させすぎないよう、便と一緒に排出する働きがあるからです。

 

けれども、せっかく食物繊維を摂っても、腸内環境が悪いと上手く排出してくれません。中性脂肪を体に必要以上に溜め込まないためには、体内の代謝を促進して余分な老廃物を排出しやすい環境が必要なのです。

 

腸内には善玉菌と悪玉菌、日和見菌という菌が存在し、日和見菌は善玉菌と悪玉菌に優勢な方と同じような働きをします。

 

そのため、善玉菌と悪玉菌のバランスによって腸内環境が決まり、この両者はいつも勢力争いをしているような状態です。体にとって理想的なのは善玉菌が多い状態で、善玉菌は中性脂肪の分解もしてくれるので、体内に中性脂肪が蓄積するのを抑えてくれます。

 

この善玉菌を増やしてくれるのが、ヨーグルトの乳酸菌です。ヨーグルトを食べると結果的に中性脂肪を減らすことに繋がり、ヨーグルトをよく食べる人の方が中性脂肪値が低いという報告もあるほどなのです。

 

中性脂肪値の改善に効果的なヨーグルトの乳酸菌の種類は?

 

ブルーベリー入りヨーグルト

 

ヨーグルトのパッケージには色々な乳酸菌の種類が記載されていますが、乳酸菌によっても働きが変わってきます。そして、乳酸菌は胃酸に弱いため、胃酸による影響を受けにくく、生きたまま腸に届く乳酸菌を選ぶことが大切です。

 

体に良い働きをする善玉菌のことをプロバイオティクスと言い、これを含んだヨーグルトを摂取すると善玉菌が増えて腸内環境を整えてくれます。

 

例えば、L-55乳酸菌、ガセリ菌、ビフィズス菌LKM512、LG21乳酸菌といった菌の記載されたヨーグルトを選ぶと良いでしょう。

 

その中でもガセリ菌は、小腸から中性脂肪を分解して吸収する膵リパーゼというホルモンの働きを抑える効果が研究によって明らかになりました。

 

ヨーグルトを選ぶ時は中性脂肪の吸収を抑え、中性脂肪を減らしてくれるガセリ菌を選択肢に入れておきたいですね。

 

ヨーグルトを食べるタイミングや注意点

 

ヨーグルトを空腹時に食べると、胃酸の影響を大きく受けてしまうので、胃酸の働きが弱まった食後に食べると良いようです。そして、ヨーグルトで腸内環境を良くするためには、定期的に乳酸菌を補給しなければならないので続けて食べることが大切です。

 

ヨーグルトは腸内環境を整えて中性脂肪を減らすことにも繋がりますが、カロリーを摂りすぎてしまっては中性脂肪の改善になりません。

 

腸内環境を改善するためにはヨーグルトの量も必要になってくるので、効率的に摂取するためには脂肪分の少ない低脂肪ヨーグルトや無脂肪のものを選ぶように心がけましょう。

 

腸内環境が整えば、中性脂肪だけではなく様々な健康効果に繋がるので、ヨーグルトを習慣化していきたいですね。また、関連する中性脂肪へいい栄養のある食べ物としてチーズもあります。