有酸素運動の効果をアップする方法

有酸素運動の効果をアップする方法

 

有酸素運動は、中性脂肪を下げることに直結する要素の中でも、非常に重要な位置を占めています。それならば、有酸素運動については、遠慮することなく積極的に行っていきたいのは、言うまでもありません。

 

ただし、いくら有酸素運動が効果的とは言えども、有酸素運動に取り組む時間を間違えてしまえば、期待できる効果も薄くなってしまうので、この点は注意が必要です。では、有酸素運動を行う時間としては、どれぐらいの時間で考えておけば良いでしょうか。

 

中性脂肪を下げるEPA・DHAサプリ

 

有酸素運動の効果をパワーアップ!

 

 

この時間としては、20分以上は行うようにした方が良いでしょう。ただ、多忙な方ですと、ここまでの時間を確保するのにどうしても難しいというケースもあるのですが、できればこれぐらいの時間以上の確保を目標に行ってみる方が良いです。

 

というのも、過去には有酸素運動は、どの方法で試すにしても、20分継続してそこから徐々に脂肪燃焼がなされていくからとされていました。つまり、せっかく有酸素運動に手をつけたとしても、有酸素運動の時間が20分に満たないようでは、体内の脂肪がなかなか燃焼されないというのが常識でした。

 

今では1日に数回に分けて数分づつの運動でも合計の運動時間で決まるとも言われているのですが、やはり効果を早く実感するのなら、20分が目安になってきます。

 

どうせ同じ有酸素運動なのであれば、できるだけ中性脂肪を下げることに近づけていきたいのですから、「有酸素運動に費やす時間は、行うのであればどれぐらいでも良い」と考えるのではなく、「最低でも20分は続けて、効果的に脂肪を燃焼させ、中性脂肪を下げていこう」と常に意識したいものです。

 

有酸素運動の効果をアップさせるコツ

 

有酸素運動は行っている最中から脂肪が燃焼され、中性脂肪を減らしてくれますが、さらに効果を高めるコツをつかんで効率的に脂肪を減らしたいところです。有酸素運動の効果アップのコツはまず、「運動を始める時」を考えることです。

 

有酸素運動は血糖値の低い状態で行うと、筋肉のタンパク質がエネルギーに使われてしまい、効率的に脂肪を燃やしてくれないどころか、筋肉量が減って太りやすい体になってしまいます。血糖値の低い朝起きてすぐの状態や、空腹時の運動は避けるようにしましょう。

 

また、有酸素運動と別の運動を組み合わせることにより、効果アップを促す方法もあります。例えば、有酸素運動の前後にストレッチをすることで、体の筋肉もほぐれ動きやすくスムーズになります。また、体の血行が良くなるので、体温も上がり脂肪の燃焼効果が高まります。

 

少し大変ですが筋力トレーニングなどの無酸素運動を取り入れるとさらに効果がアップします。筋トレをすると脂肪を分解する酵素の量が増えるので脂肪が燃焼されやすくなるためです。

 

また、筋トレをすれば筋肉が発達してきます。筋肉量を増やすことで基礎代謝も上がるので痩せやすい体になります。筋トレと有酸素運動を組み合わせたサーキットトレーニングというダイエット方法もありますね。有酸素運動を効率的に行って効果をアップさせていきましょう。